レーザー治療でシミが消える仕組み

レーザー治療でシミが消える仕組み

レーザー治療でシミが消える仕組み

 

シミができてしまいますと、どうしても老けてしまった印象になります。
できればできる前に予防をするということが望まれます。
紫外線対策として、日焼け止めを使ったり、日傘、帽子などを使うということが理想的です。
また、美白化粧品を使うことも予防としてはメリットがあります。

 

しかしそれでもシミができてしまった時には、即効性があるレーザー治療がおすすめです。
これはシミの部分にレーザーを当てることで、かさぶたができ、それが剥がれることで皮膚が再生します。

 

新しい皮膚はとてもきれいですし、メラニン色素の部分に働きかけてくれていますので、とてもきれいになります。
シミを消すということになりますと、この方法が1番メリットが大きく、また確実です。
しかし、若干痛みを伴うこともあります。輪ゴムをはじいた程度の痛みなのですが、痛みに弱いという方でしたら塗り薬を使ったシミ治療もあります。
一般的にはハイドロキノンやレチノイン酸を使うことが多いです。
ハイドロキノンには漂白作用がありますので、使っていくことでどんどん薄くなっていきます。
やや効果を感じるまでに時間がかかるということもありますので、即効性を求めるならレーザーの方が上です。

 

ひじの黒ずみおすすめ

ホーム RSS購読 サイトマップ